--年--月--日(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010年01月05日(火)

遠征隊帰国

ビンソン・マシフ遠征登山隊 落合隊長 田中登攀隊長 宮守隊員 鈴木隊員(現役2年)が、
平能宮陵会専務理事 佐藤学長室長 学士山岳会尾藤名誉会長 菊池理事長 他OB
現役部員 ご家族など大勢が出迎えるなか12月31日15:55元気に帰国しました。
隊員は南極焼けした精悍な顔にビンソン・マシフを征服した満足感が漂っていました。
しばらく歓談の後記念撮影 落合隊長の挨拶後 各々車に分乗し帰宅しました。


IMG_2093_convert_20100105222421.jpg
IMG_0298_convert_20100104233738.jpg IMG_0306_convert_20100104233154.jpg IMG_0305_convert_20100104233441.jpg


スポンサーサイト
2009年12月30日(水)

セブンサミッツ制覇 ビンソン・マシフ全員登頂

ビンソン頂上写真_


 先ずは念願のセブンサミッツ最後の目標である南極大陸最高峰ビンソン・マシフ峰(4892m)に12月21日(月)午後4時44分(チリ時間)にOB隊員落合、田中、宮守と現役隊員鈴木君がビンソン・マシフ峰の頂に神大の御旗である「KU旗」を翻らせ無事登頂を果たしたことをご報告致します。
 振り返れば2003年のアコンカグア遠征をスタートに、翌年夏のエルブルース遠征、晩秋のコジウスコ遠征へと繋ぎ、2005年にはアフリカ大陸キリマンジャロ、ケニヤ峰遠征を行い、2006年の北米最高峰アラスカデナリ(マッキンリー)遠征へと多くの困難を乗り越えつつ着実に駒を進め、そして、最難関といわれる今春の世界最高峰、ヒマラヤの屋根に君臨するチョモランマ(エベレスト・サガルマータ)に大きな代償を払いながらもクリアして、とうとう白い大地南極大陸へと臨んだ次第です。
 単独大学による国内外セブンサミッツ初制覇という大事業の達成は、母校神奈川大学創立80周年をお祝いし、さらに100年への歩みを祝福するに余りある快挙だと私は確信自負し、在校生に感動と勇気、自信、そして何よりも「夢抱き 夢育み 夢実現」するという夢実現計画の達成が、将来のある有為の在校生の皆さんの心に大きな希望の種を播けたものと思います。
 この結果、宮守健太隊員は神奈川県、横須賀市、神奈川県山岳連盟初のセブンサミッターとなり、田中康典隊員も石川県初のセブンサミッターとなりました。神大山岳部に2名のセブンサミッター誕生です。鈴木君も神大現役学生としては初の南極入りで最高峰ビンソンマシフ初制覇という快挙です。おそらく単独大学で3名のセブンサミッターも初めてです。(橋本 久、田中康典、宮守健太)これらの偉業達成も大学をはじめとして宮陵会、後援会、協賛企業、OB各位、篤志家の皆さんの温かいご支援と賛助があってこそと心より厚く御礼申し上げる次第です。
                                                         【落合記】
2009年12月18日(金)

遠征隊速報写真

ワイナポトシー2  ワイナポトシー1  ラ・パスの夜景  天野博物館の皆さんと 大田邸にて  天野博物館にて  大田邸にて  石釜でピザを焼く  月の谷  ワイナポトシ朝焼け






2009年12月18日(金)

遠征隊速報写真

チンチェーロの教会  チャカルタヤ  チチカカ湖を渡る  オリャンタイタンボ遺跡  ウロス島の葦船  ウルバンバ川  マチュピチュのリャマ  マチュピチュ  マチャピュチュー3  マチャピュチュー2  マチャピュチュー1  ピサックにて  ワイナポトシ小屋  ワイナポトシー4

2009年12月17日(木)

南極に向けて出発

本日12月12日にリマに戻りました。間もなく南極に向けて出発いたします。
とりあえず今日までの中間報告を致します。  
11月30日深夜にペルーリマに到着し、太田氏の出迎えでまずは問題なくス
タートいたしました。4日にリマから空路ボリビアのラパスに入り、チャカルタヤと
ワイナポトシで高所順応を致しました。ボリビアでは大統領選挙にぶつかり2日間無
駄な日々をしない見物に費やしてからワイナポトシに行きましたが、1泊2日では頂
上まで届かず、高所順応に専念する登山でした。とはいえトレーニングとしては充分
な雪壁の登降、クレバス横断などと楽しめる登山でした。いずれアンデス遠征の再挑
戦をと思います。
 ラパスに戻り、9日にラパスを出てチチカカ湖を訪ね、その足で高速バスにプー
ノで乗り換えてインカ帝国の遺跡の宝庫と言われるクスコに入り、10日はウルバン
バやオリャタンボ遺跡を見学、11日にはマチャピュチュ遺跡を訪ねました。さすが
インカ帝国の大遺跡でそのスケールに圧倒されて感動とともにインカの素晴らしさを
再認識させられました。
 今日は午前中にクスコを出発してリマの太田邸に戻り、美味しい寿司をご馳走に
なってから、荷の再梱包をし、これから南極のスタート地点であるプンタアレーナス
に向かいます。
 全員元気にやっておりますのでご安心下さい。
添付の写真でその模様がお分かりかと思います。まずは簡単な報告まで

                                          落合
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。